キャプティブ保険

私たちは、「日本企業において、キャプティブはもっと活用されるべきである。」と考えています。その理由は、企業がリスクマネジメントに真剣に取り組むと、必然的にキャプティブという機能が必要になるからです。私たちは多くのキャプティブに関わっています。是非、ご相談ください。

キャプティブとは

キャプティブとは、親会社のリスクを専属的に引受ける保険子会社です。通常海外のキャプティブ法制度が整っている国や地域に設立されます。 キャプティブを利用することにより、再保険市場にアクセスすることができ、元受保険会社のコストや市場動向に左右されることなく割安なコストでリスクを処理することができます。またロスコントロールのインセンティブともなります。

キャプティブの仕組み

キャプティブを持つことで、保険会社のブラックボックスの中で処理されていたリスクが、キャプティブという透明な器に移し変えられることになり、見えるようになります。 また、キャプティブを持つ企業がロスコントロールに注力すれば、損害の減少につながり、結果的にキャプティブの利益が増加するという効果が出てきます。この意味で、キャプティブを持つことは、企業のリスクマネジメントに対するインセンティブになるという側面を持っています。

【解説】 このケースは、元受保険の一定割合を比例再保険でキャプティブに出再する場合です。

  • 元受保険会社は保険料の出再割合から、自らの事業費を再保険手数料として差引いた額をキャプティブに支払います。
    • キャプティブは自らの保有を超えるリスクに対して、再保険市場から超過損害額再保険を買い、再々保険料を再保険会社に支払います。
      • 元受保険で損害が生じた場合、キャプティブは、元受保険会社に損害額の受再割合分を支払います。
        • 最終的に、キャプティブが保有するリスクに対して残った保険料がキャプティブの正味利益となります。

レンタキャプティブ

「レンタキャプティブ」とは、第三者の所有するキャプティブの一部(セル)を借りて、キャプティブを所有するのとほぼ同等の効果を享受できる仕組みのことです。 自社キャプティブを所有するほどの保険料規模を持たない中小規模の企業にとっては、比較的安いコストで短期間に契約できるレンタキャプティブを利用する方が便利となります。

レンタキャプティブのセルを借りる企業は、レンタキャプティブの所有者から当該セルに対する優先株を購入することにより、同優先株を通して自らのセルに生じた利益を配当金として受取ることができます。レンタキャプティブでは、各企業のセル勘定は他の企業のセル勘定やレンタキャプティブ自身の勘定から分離して会計処理されます。 更に、個々のセルの資産・負債が、法的に完全に分離されることを規定した法律を施行している地域もあります(ハワイ、バミューダやガーンジー等)。こうした会社はProtected Cell Company(保護セル会社 = PCC)もしくはSegregated Account Company(分離勘定会社 = SAC)と呼ばれています。

 

キャプティブ設立の手順